ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

建築物ストック統計、非住宅建築の44.1%占める

工場・倉庫の総延床面積7億9024万平方メートル

2014年4月1日 (火)

調査・データ国土交通省は3月31日、住宅・土地統計調査、法人建物調査、建築着工統計を基に1月1日時点の建築物ストック統計をまとめ、公表した。

工場・倉庫の総床面積は木造建築物が2895万平方メートル、非木造が7億5180万平方メートル、不詳が949万平方メートルで、合わせて7億9024万平方メートルとなった。国内の非住宅建築物にしめる工場・倉庫の比率は44.1%で、次いで事務所・店舗が33.1%となった。

竣工年代ごとの延床面積の推移(非木造の工場・倉庫)は次の通り。

■年代別延床面積の推移(非木造の工場・倉庫、国交省資料を基にLOGISTICS TODAY作成)
工場・倉庫の総延床面積7億9024万平方メートル

この記事のその他のテーマ