ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

SBSフレック、食品メーカー向け物流情報開示システムを刷新

2014年7月1日 (火)

フードSBSホールディングス傘下で食品物流を全国展開しているSBSフレック(東京都墨田区)は1日、物流過程の商品追跡から鮮度管理までをカバーする食品メーカー向け物流情報開示システムをバージョンアップした、と発表した。

SBSフレック、食品メーカー向け物流情報開示システムを刷新

インターネットの画面上で、「どのロットの商品がいつ、いくつ出荷され、今どこにあるのか、賞味期限はいつなのか」など、見たい情報を簡単に取り出せるボタン操作が好評だという。

2011年に立ち上げた同システムでは、これまでもさまざまな物流ルートを経由する商品の所在、数量、ロット番号、荷姿、賞味期限などの情報を収集・管理する機能を顧客に提供してきたが、今回のバージョンアップでは、「物流過程の見える化」を支える出荷、入荷、在庫、品質の基本4機能の処理速度を向上させた。

また、情報セキュリティ認証の強化、グラフの見やすさ改善とダウンロード機能の付加、スマートフォンやタブレット対応強化など、利用者の使い勝手に配慮した操作性を実現した。

顧客は同社のウェブサイトから専用システムに接続し、表示されたボタンを押して操作することで、食の安全を確保するのに必要な情報を収集することができる。さらに、商品の賞味期限切れや納品許容切れを知らせて誤出荷を防ぐ警告機能、物流センターごとの稼働状況を把握できる機能も装備されている。

この記事のその他のテーマ