ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

福岡市、アイランドシティ進出の3社と契約、倉庫建設

2015年1月15日 (木)

拠点・施設福岡市は15日、アイランドシティ港湾関連用地のうち青果市場関係者事業用地の3区画で、配送センターを建設する3社とそれぞれ土地売買契約を締結したと発表した。

市は新青果市場用地の西側に隣接する青果市場関係者事業用地3区画を対象として、昨年12月に福岡中央青果、マルゴ、ムラオ商事の3社を分譲予定者に決定していた。

福岡中央青果は5133平方メートルを5億767万円で取得し、2階建て・延床面積2670平方メートルの倉庫・配送センターを建設、2016年3月に開設する。3月7日までに代金を納入し、土地の引渡しを受ける。

マルゴは4510平方メートルを4億3751万円で取得、2階建て・延床面積3757平方メートルの倉庫を設け、16年1月に開業。ムラオ商事は2015平方メートルを2億132万円で取得し、2階建て・延床面積1320平方メートルの倉庫を建設し、同年3月に稼働を開始する。

この記事のその他のテーマ