ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

グッドマンジャパン、東西の新拠点で竣工前契約しリースアップ

アシックス物流、神戸市北区で新物流施設を契約

2015年3月5日 (木)

拠点・施設アシックス物流、神戸市北区で新物流施設を契約グッドマンジャパンは4日、千葉県市川市で建設中の物流施設「グッドマン市川」が竣工の1か月前にすべての賃貸倉庫スペースがリースアップしたと発表した。テナントとして3社が利用する。

また、神戸市北区で開発する物流施設「グッドマン赤松」でも丸紅が設立する物流子会社、丸紅ロジスティクスが全棟利用する「BTS型」の賃貸借予約契約を締結した。

グッドマン市川は総賃貸面積6万5000平方メートルの4階建て物流施設で、JR二俣新町駅から徒歩圏、施設前のバス停に複数のバス路線が通り、交通利便性の高い立地となっている。従業員の雇用に有利な施設で、人手の確保に課題を抱える利用企業のニーズに対応する。建物は当初計画通り、3月末に竣工する。

グッドマン赤松台は総賃貸面積5万平方メートルの4階建て物流施設で中国自動車道神戸三田ICから1.6キロ、大阪国際空港から車で30分と交通インフラへの良好なアクセスが特徴。

丸紅が10月1日付で子会社化するアシックス物流の専用施設として運用することになっており、17年下半期の竣工を目指す。

東西の2施設はともにグッドマングループがアブダビ投資評議会(ADIC)と折半出資で組成した開発ファンドが開発する。

この記事のその他のテーマ