ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

住友商事、千葉・茜浜地区で3棟目の物流施設開発

2015年3月17日 (火)

拠点・施設住友商事、千葉・茜浜地区で3棟目の物流施設開発住友商事は17日、千葉県習志野市茜浜地区で延床面積3万8000平方メートルの物流施設を開発し、2016年9月に稼働させると発表した。

同社は隣接地に茜浜物流センター2棟を開発・運営しており、同じ地区で展開する物流施設は3物件、総延床面積13万445平方メートル(4万坪)、資産規模260億円となる。

今回開発する物流施設は、流通加工型物流センターの使い勝手に配慮した配置計画、トラック接車バース、搬送能力を備え、少量・多頻度・短時間の配送ニーズにも対応する。既存の茜浜物流センターと相互に補完しあうことで、拡張ニーズへの対応力も高める。

アパレル・通販事業者を主なターゲットとしながら、ほかの物流施設ニーズにも対応できる汎用性の高さを兼ね備えた最新の施設となっており、同社は今後、入居企業の誘致を進める。

隣接する茜浜物流センター(1号棟・2号棟)はジュピターショップチャンネル(東京都中央区)、住商グローバル・ロジスティクス(東京都中央区)など複数のアパレル・通販事業者が物流旗艦拠点として運用している。

完成後は2014年2月に組成した物流1号ファンドへ売却する方針で、同ファンドの資産規模は500億円超に達する見込み。今後は新たなファンドを組成するなどして早期に1000億円規模への拡大を目指す。

開発地の千葉湾岸地区は、首都圏エリアの物流施設の15%が集積する首都圏最大規模の物流施設集積地で、習志野茜浜地区は東京港へ33キロ、東京駅から最寄り駅のJR京葉線新習志野駅まで33分とアクセスに優れる。

住宅地を背後に控え、労働力が豊富なエリアで、アパレル・通販事業者などの流通加工型物流拠点として適している。最寄りの東関東自動車道谷津船橋ICが開通し、17年度には東京外環自動車道と東関東自動車道を結ぶ高谷ジャンクションがオープンする。

■習志野茜浜3物流施設(仮称)開発計画
所在地:千葉県習志野市茜浜3-6-2
敷地面積:1万9369平方メートル(5859坪)
延床面積:3万8419平方メートル(1万1622坪)
構造・階数:鉄骨造、4階建
着工年月:2015年9月
竣工年月:2016年8月

この記事のその他のテーマ