ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

VONOVOと提携、「成長してサイズの合わなくなった服」ターゲット

寺田倉庫、ウェブ上で子供服を交換するサービス開始

2015年6月3日 (水)

EC寺田倉庫、ウェブ上で子供服を交換するサービス開始寺田倉庫とVONOVO(ボノボ)は3日、成長してサイズの合わなくなった子ども服をWEB上で簡単に交換できるサービス「mycle」(マイクル)の提供を開始した。

4月22日から事前会員登録の募集を行い、サービス開始までの40日間で800人が登録した。

マイクルは、登録者同士がWEBチケットを使い、サイズの合わなくなった子ども服と、今欲しいサイズの子ども服をWEB上で交換できるサービス。

チケットは月額1200円で毎月1枚発行し、1枚でひと箱分の子ども服と交換できる。箱の中身をWEB上で閲覧することにより、好みの子ども服を選ぶことができる。

箱は数種類用意し、内容量の多いものや付加価値のついた商品が含まれたものなどは、複数のチケットが必要となる。毎月1枚の発行のほかに、「家庭に眠っている、もう着ていない子ども服」をサービスに送ることでも取得できる。

子ども服を提供する際は、同サイズの服をまとめて紙袋やダンボールに入れ、マイクルに任意の日時で集荷依頼を行うことで、送り状を記入する手間なく、配達員に子ども服を渡して出荷する。

■mycleの概要
サービス名:mycle(マイクル)
開始日:2015年6月3日
登録料:月額1200円(税込)
送料:800円(税込)
チケット数:毎月1枚
点数/箱:最低5着から(上限なし)
URL:http://mycle.jp

この記事のその他のテーマ