ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

8月4日に竣工式、鴻池運輸も出席

MV東海の新物流拠点竣工、静岡県の75店舗カバー

2015年7月29日 (水)

フードマックスバリュ東海は29日、静岡県内のマックスバリュ75店舗を中心とした商品供給を担う新物流拠点「イオン長泉ロジスティクスセンター」が間もなく竣工し、9月から稼働を開始すると発表した。

MV東海の新物流拠点竣工、静岡県の75店舗カバー

8月4日に竣工式を行い、新拠点の運営に携わる鴻池運輸、イオングローバルSCM、イオンフードサプライが参加する。

イオン長泉ロジスティクスセンターは、新東名高速道路長泉沼津ICから南東へ700メートルと近く、静岡県が進める「内陸のフロンティアを拓く取り組み」の第1号事業として、2014年9月から建設工事を進めていた。

当初は主に静岡県内のマックスバリュを中心とする75店舗への商品供給を担い、商品の集荷、配送などの物流機能、生鮮商品の加工や弁当・サラダなどデリカ商品の製造機能を備える。

同社は新拠点を活用して店舗運営効率の改善、今後の店舗戦略への対応強化を進める考えで、「新たな雇用創出や地元食材の調達、活用による地域活性化にもつなげていきたい」としている。

■施設概要
施設名称:イオン長泉ロジスティクスセンター
所在地:静岡県駿東郡長泉町上長窪359
用途:低温物流センター、食品加工
敷地面積:3万1932平方メートル
延床面積:25853平方メートル
建物構造:鉄骨造2階建て

この記事のその他のテーマ