ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

夢の街創造委員会、仕入サイトに「ECキューブB2B」

2015年11月20日 (金)

ECロックオン(大阪市北区)は19日、宅配ポータルサイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会が、仕入・販促・運営支援サイト「仕入館」のECプラットフォームに「EC-CUBE(キューブ)B2B」を採用したと発表した。

ECキューブB2Bは、ECサイトを構築するためのサービス「EC-CUBE」を開発したロックオンが、卸・メーカー企業向けにウェブ上で取り引ひを完結できる仕組みを標準搭載したBtoB専用の有償パッケージで、ECキューブB2B認定制作会社のアイディーエス(東京都港区)が導入支援・構築を担当した。

夢の街創造委員会は、チェーン本部などの調達機能を持たない飲食店舗で購入量の少なさから仕入れが割高となるケースが多く、コストの圧迫要因となっていた点に着目し、出前館の1200店舗以上の加盟店に向けたサービスサイト・仕入館で、BtoB取引に特化したECキューブB2Bを採用。

リニューアルに合わせてボリュームディスカウント価格による資材・サービス提供、顧客属性に応じた価格設定、複数サプライヤ間の買い回りといった機能を追加した。今後、サプライヤーに対して管理・運用しやすいバックエンド機能を提供することで、EC出品へのハードルを下げ、商品・サービスの拡充を加速する方針だという。
夢の街創造委員会、仕入サイトに「ECキューブB2B」

この記事のその他のテーマ