ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

富士フィルムFC、福島に医薬品中間体の新工場棟

2016年2月25日 (木)

拠点・施設富士フイルムファインケミカルズは24日、広野工場(福島県広野町)に医薬品中間体・原薬を生産する新工場を建設し、生産能力を高めて受託生産ビジネスを強化すると発表した。

医薬品中間体・原薬の生産能力を増強するため、広野工場に28億円を投資し、医薬品の製造管理・品質管理基準「GMP」に対応した新工場を建設するもので、新工場は「第4工場」として4月に着工、2017年末に稼動する。

マルチパーパス生産に対応するため、大容量の1万リットル汎用釜、2000リットルから1万リットルまでの耐酸性を持つ「グラスライニング(GL)釜」、耐アルカリ性を持つ「ステンレス(SUS)釜」を導入。

さらに、クラス10万を実現したクリーンルーム、数ミクロンレベルで原薬を粉砕できる原薬微粉砕機を備え、原薬の生産体制を強化する。今後、新工場を稼動させることで、医薬品中間体・原薬の大量生産から多品種少量生産まで、幅広いニーズに対応して受託生産ビジネスの拡大を図る。

■新工場の概要
工場名:広野工場第4工場
建設場所:福島県双葉郡広野町上北迫字岩沢1-34
投資金額:28億円
生産品目:医薬品中間体・原薬
主要設備時1万L汎用釜、2000-1万LのGL釜、SUS釜、クリーンルーム(クラス10相当)、原薬微粉砕機など
延床面積:1483平方メートル
稼動開始時期:2017年末

この記事のその他のテーマ