ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

高級アルコール工業、成田市で月内に第二工場竣工

2016年3月29日 (火)

荷主高級アルコール工業(東京都中央区)は、月内にも医薬品原料事業への本格参入を視野に、生産能力と品質管理体制を強化した第二工場・研究所を竣工する。

高級アルコール工業、成田市で月内に第二工場竣工

新設の第二工場では、生産能力の増強とともに環境対応と作業環境への配慮を徹底し、ISO14001とGMP(適正製造規範)を視野に、原料の供給から充てんまでを立体的に配置。

厳格な品質基準に対応する製造設備と管理体制が整うことで、今後は従来の化粧品原料事業のサービスを拡充するのみにとどまらず、医薬品原料事業への本格参入を図る。

すべての製造設備は、同社が蓄積してきたノウハウを結集したオーダーメイドで、工場内には見学ルートを設置。研究所に微生物試験室など新たな機能を追加し、製品の安全性や効果・効能に対するエビデンスの立証に取り組む。

高級アルコール工業、成田市で月内に第二工場竣工2

■第二工場・研究所の概要
所在地:千葉県成田市吉岡709-13大栄工業団地
敷地面積:1万210平方メートル
建築面積:5581平方メートル
生産品目:エステル、高級アルコール、イソステアリン酸、その他油脂化学製品

この記事のその他のテーマ