ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アルフレッサ、ドローン医薬品配送実用化へ連携合意

2016年4月6日 (水)

メディカルエアロセンス(東京都文京区)、MSD(千代田区)、アルフレッサの3社は6日、ドローンを用いた医薬品配送事業の早期実用化に向けて連携することで合意した、と発表した。

今回の連携で、エアロセンスは実用化に向けたドローンの技術的な課題の解決、MSDは関連規制、医薬品、医薬品パッケージに関する知識・知見を含めた医薬品配送に必要なノウハウの提供、アルフレッサは物流、配送ノウハウを提供し、3社が連携・協力して医薬品配送のビジネスモデルの構築を目指す。また、国家戦略特区で実証実験を重ね、災害時の医薬品緊急輸送の実施に備える。

エアロセンスはソニーモバイルコミュニケーションズとZMPの合弁会社として昨年8月に設立。自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションを提供し、モニタリング・測量・管理・物流などの効率化に取り組んでいる。

ドローンによる医薬品配送は、災害時の孤立地、平時でも離島や遠隔地に確実に医薬品を届ける手段として期待が高まっている。

この記事のその他のテーマ