ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ブランド品宅配買取のブランディアが利用者150万人

2016年6月14日 (火)

ECブランド品宅配買取のブランディアが利用者150万人デファクトスタンダードは14日、同社が運営するブランド品宅配買取サイト「ブランディア」の累計利用者数が5月15日に150万人を突破したと発表した。

2007年3月からサービスを開始したブランディアはインターネットに特化したブランド品専門の宅配買取サービスで、ハイブランドから身近なブランドまで6000種類以上を取り扱う。

買取チャネルとしては自社サイトだけでなく、パートナー企業とキャンペーンやポイント連携を通して拡大を図り、ブランド・ファッションカテゴリで国内の宅配買取利用者数が最も多い。

浸透した理由について、同社は「9年前のサービス開始当時、ブランド品をダンボールの中に詰めて送るのは不安という顧客の懸念を払拭することはなかなか困難と思われた」と振り返り、物流から撮影・出品オペレーション、カスタマーサポートなどの業務を一拠点で行う「一拠点集中型」、独自のオペレーションフローを構築して効率を高める「組織仕組み化」が機能したと説明している。

この記事のその他のテーマ