ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

NTTロジスコ、医療・化粧品物流で物流合理化賞受賞

2016年6月29日 (水)

認証・表彰NTTロジスコ、医療・化粧品物流で物流合理化賞受賞NTTロジスコは29日、日本ロジスティクスシステム協会(JILS)主催の全日本物流改善事例大会で物流合理化賞を受賞した、と発表した。

同社は強みとしている医療・化粧品物流をテーマに、TPSの改善手法をベースとしつつ独自のノウハウを付加した「LGPS」(ロジスコ・プロダクション・システム)の考え方に沿って取り組んだ改善活動を発表し、ほかの25事例と合わせた26事例の中から、物流合理化賞に選ばれた。

同社で「一個流し」や整流化など作業ルールを統一化し、それを明確に示して徹底させることでミスを発生させない仕組みを作り上げたほか、作業手順を変更して「ムダ時間の解消」や梱包箱の搬送手段の考案といった、実際の現場作業従事者が主体となって改善を実施し、収支の大幅改善につなげた。クレームもほとんど発生しなくなったという。

同社の取り組みに対し、改善事例大会の審査員は「徹底的に『ムダ・ムラ・ムリ』を取り除く取り組みを実施したことが良かった。作業の標準化に加え、身体的負荷を軽減する作業方法や既存の物流機器を活用した梱包箱搬送用台車の考案など、現場のアイデアを積極的に採用している点も評価できる。今後も継続して会社全体の改善活動を推進する役割を果たしてもらいたい」と高く評価した。

この記事のその他のテーマ