ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アマゾン、多治見市の物流拠点で地元野菜販売会

2016年7月4日 (月)

ECアマゾンは1日、多治見フルフィルメントセンター(岐阜県多治見市)で地元野菜を提供する「アマゾン多治見FC青空マーケット」を開始した。

アマゾン、多治見市の物流拠点で地元野菜販売会

同社は2012年の多治見FCの操業開始以来、多治見市と協力して地域と連携した取り組みを行っているが、今回の青空マーケットでは採れたての新鮮な野菜を地元農家から提供してもらい、多治見FCの従業員が生産者の農家から直接購入できるイベントとして開催した。

多治見市が運営する農産物の直売所「とれたて新鮮!駅北ファーム」(多治見市農産物直売所出荷者協議会)とも連携し、同ファームで販売している野菜や加工品などを同FCで販売した。

青空マーケットは今後、春、夏、秋と季節ごとに実施し、仕事帰りの従業員のために夕方の時間帯に販売する。夏は7月1日、8日、22日といずれも金曜日に実施する。

この記事のその他のテーマ