ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アサヒGH、シンガポールでペプシのボトリング事業

2016年7月4日 (月)

フードアサヒグループホールディングスは1日、シンガポールで11月からペプシブランドボトリング事業を開始すると発表した。

マレーシアで清涼飲料事業を手がけるグループのエチカビバレッジズ社が同国で製造したペプシブランド商品を、シンガポールの販売委託先を通じて販売するもので、対象事業の2015年の売上高は40億円。

シンガポールの清涼飲料市場は1300億円規模となっており、ここ5年間は平均2.5%程度の成長が続いている。

同社は18年をメドに「ワンダ」や「カルピス」といったアサヒのブランドを投入する方針で、エチカビバレッジズ社のブランドを加えることで提供商品を拡充し、市場シェアの拡大を目指す。

この記事のその他のテーマ