ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ANA、9月から中国向け高速越境EC物流を提供

2016年7月25日 (月)

ロジスティクスANAホールディングスは25日、越境EC物流を手がけるロケーションホールディングス傘下のACD(東京都港区)に出資し、中国向け越境ECを対象とした物流ソリューション「新越境EC物流サービス」を9月から提供すると発表した。

ANA、9月から中国向け高速越境EC物流を提供

(出所:ANAホールディングス)

中国では個人輸入を対象とした新たな通関申告制度が4月にスタートし、関税面で規制強化が進んでいるが、この制度の下では現地税関が「EDIによる通関業務を行うことができる企業」として複数の企業を指定しており、ANAグループの物流会社・OCSの中国法人(OCS中国)も北京税関から指定を受けた。

新越境EC物流サービスは、すでに世界109か国で販売実績を持つ越境ECプラットフォーム「マルチリンガルカート」を運営するACDのノウハウを活用し、OCS中国と連携して新たに開発する事前通関用商品登録システム「EKKYO.NET」と、ANAの高速一貫輸送を組み合わせて「中国向け総合越境ECソリューション」として提供する。

これまで、中国向けEC貨物の輸送・通関では、現地制度への対応不足などで遅配・未達となるケースも少なくなかったが、新サービスではEC貨物の新通関申告制度への対応、高速一貫輸送という2つの強みを前面に打ち出す。

今後、ACDの既存顧客や国内大手家電量販店など越境EC事業者に新サービスを提案し、物流面をサポートするほか、ACDによる越境ECモールの運営なども検討する。

この記事のその他のテーマ