ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ラクーン、越境卸サイトで書籍販売開始

2016年8月1日 (月)

ECラクーンは1日、河出書房、偕成社、エイ出版社、CCCメディアハウスなどの出版社がラクーン運営の卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」の越境ECサービス「SDエクスポート」で、海外の小売店や企業に向けて書籍の販売を開始した、と発表した。

ラクーン、越境卸サイトで書籍販売開始

SDエクスポートは世界134か国へ卸販売が可能な越境ECサイトで、これまでアパレルや雑貨を中心とした商品を取り扱っていたが、8月1日から新たに書籍ジャンルを追加し、販売を開始した。

すでに21の出版社がスーパーデリバリーを利用して国内の小売店に「取次を通さずに本を直接販売する」という書店以外の新たな販路を開拓する取り組みを行っている。

海外では、フランスを皮切りに「大人の塗り絵」がブームとなっており、北米ではその売上げが2014年の100万部から15年には1200万部へと急増。米アマゾンの売上トップ10の半分を大人の塗り絵が占めたこともあり、海外市場では塗り絵が人気の高いコンテンツとなっていることから、塗り絵を中心に海外販売を開始する。

■SD exportのURL
http://www.superdelivery.com/en/

この記事のその他のテーマ