ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

JDAソフトウェアジャパン調べ

ネットショップ利用者7割が送料無料選択、翌日配送3%

2016年9月8日 (木)

調査・データJDAソフトウェア・ジャパンがこのほどまとめたインターネットショッピングの消費者意識調査によると、商品の配達手段で最も重視するのは「料金」だった。70%が「送料無料」を選び、「翌日配送」は3%に留まった。

JDA

再配達の利用回数では、「1回」が55%となり「2回以上」が33%にのぼった。コンビニや駅などで受け取れるサービスを「利用している」と答えたのは14%となっていることもあり、受け取り場所が未だ自宅中心となっているのが再配達増加の要因とみられる。

また、「配達日時指定サービス」を利用しているのは半数で、JDAは「利用者にとっての利便性の向上だけでなく、再配達削減のためにも受け取り方法の多様化が急務」としている。

この記事のその他のテーマ