ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

自社車両300台・13拠点体制構築、24時間再配達の試験運用も

ヨドバシ、東京で2時間30分以内の即時配達開始

2016年9月15日 (木)

ロジスティクスヨドバシカメラは15日、インターネットで受注した商品を商品1つから最短2時間30分以内に配達するサービスを開始した。IoTを用いた仕組みですべて自社車両で配達するほか、再配達時の要望にきめ細かく対応するために24時間対応の再配達受付専用自社コールセンターを開設、地域限定で24時間再配達の試験運用も開始する。

東京都23区全域、武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市の一部を対象としたこのサービス(ヨドバシエクストリーム)は、昨年2月から試験運用していた当日配達サービス「ヨドバシエクスプレスメール便」のエリアを広げたもので、同社のインターネット通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」で取り扱う456万商品のうち、43万品目が対象。

23区内に13か所の配達サービス拠点を開設し、300台の配達サービス車両と地域専任担当者によるきめ細かい配達体制を整えた。試験運用から本格展開に移行するのに合わせて食料品の取り扱いを開始したほか、日用品の品揃えを充実させた。

配達業務は外部に委託せず、すべて自社配送で注文、出荷から配達まで一貫して提供。IoTをフル活用して配送・再配達業務の効率化とサービスレベルの向上を両立させた。同社は「オンラインで調べて、店舗でショッピング・店舗で見て触って、オンラインで注文。今回のサービス開始にあたり、究極のサービスを目指し、顧客の都合に合わせて快適に利用してもらえるよう、サービス拡充に取り組む」としている。

この記事のその他のテーマ