ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

沢井製薬が医薬品包装工場竣工、製造能力48億錠へ

2016年10月4日 (火)
沢井製薬が医薬品包装工場竣工、製造能力48億錠へ
空白

拠点・施設医薬品販売を手がける沢井製薬は3日、兵庫県三田市に新しく建設した包装専用工場「三田西工場」が9月30日に竣工したと発表した。来年1月から製品出荷を開始する。

三田西工場は、医薬品製造を行う三田工場に近く、三田工場の包装工程を三田西工場が担う。これにより、三田工場内の包装工程スペースが空き、新たに製造工程機器を導入することが可能となった。製造工程機器導入後は、生産能力が39億錠から48億錠へと強化される。

■三田西工場概要
所在地:兵庫県三田市テクノパーク18-8
敷地面積:2万3139平方メートル
延床面積:2万2050平方メートル
構造:鉄骨造架構式構造
階数:4階建て
事業内容:医療用医薬品の包装
着工:2015年8月
竣工:2016年9月
出荷開始:2017年1月
設計・施工:清水建設
主な環境対策:省エネ・省メンテナンス設備機器の採用
投資額:三田工場とあわせて120億円

■三田工場概要
所在地:兵庫県三田市テクノパーク2-1
敷地面積:1万4686平方メートル
延床面積:2万1830平方メートル
事業内容:医療用医薬品の製造

この記事のその他のテーマ