ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

Cariotに利用したい車両の稼働状況が把握できる機能

2016年10月17日 (月)
Cariotに利用したい車両の走行状況が把握できる機能
空白

ECフレクト(東京都中央区)は17日、コネクテッド・カー・アプリケーション「Cariot」(キャリオット)に「車両予約」「利用実積管理」機能を追加したと発表した。

この機能はリアルタイムに複数車両の走行データや利用状況を表示し、予約・利用可能な車両を一覧できるもの。

例えば、予約者がキャリオットの画面から利用可能な車両を選択すると、その際走行している車両のデータがリアルタイムに反映され、利用したい車両が現在「どこを走っているのか」「到着予定が何時なのか」などが把握できるようになる。また、乗車前のチェックイン機能を追加する事で空予約を防止している。

これにより、車両の利用状況がわからなかったり、空予約で稼働しない車両があったりと、ムダになっていた維持費や駐車場のコストといった課題を解消する。

Cariotは、車両にデバイスを差し込むだけでインターネットやクラウドにつながるアプリケーション。位置情報や速度、燃費など幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車の情報を可視化できる。

この記事のその他のテーマ