ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

一正蒲鉾、インドネシアで新工場竣工

2016年10月19日 (水)

拠点・施設一正蒲鉾、インドネシアに年2000トン生産の新工場竣工水産練製品の製造販売を手がける一正蒲鉾は19日、インドネシアのKELOLA MINA LAUT社との合弁会社KML ICHIMASA FOOSが同国西ジャワ州ボゴール市に建設していた新工場が、10日に竣工したと発表した。

新工場は、延床面積6600平方メートル(1996坪)の一部2階建てで、「かに風味蒲鉾(かまぼこ)」を年間2000トン生産する。

■新工場概要
所在地:インドネシア西ジャワ州ボゴール市
延床面積:6600平方メートル
階数:一部2階建て
主な生産品目:かに風味蒲鉾
生産能力:年間2000トン

この記事のその他のテーマ