ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日通総研、「ろじたん」上で直接グラフ作成する新機能

2016年10月26日 (水)
日通総研、「ろじたん」上で直接グラフ作成する新機能
空白

サービス・商品日通総合研究所は26日、倉庫作業分析ツール「ろじたん」に、作業時間データの対象期間を設定するだけで、ウェブブラウザ上で直接グラフを作成できる「ダッシュボード機能」を新たに標準搭載したと発表した。11月7日からサービス開始する。

この機能は、取得したデータを設定することで「作業時間分析」「生産性・物量散布図」「生産性・物量推移」の3つの項目のグラフを生成することができるもの。

生成されたグラフは、マウスオーバーすると詳細作業項目や時間構成パーセンテージが表示されたり、作業状況が気になった日付をクリックすると、その日の「作業時間分析」グラフが表示されたりする仕組みとなっている。また、改善前後の2 つの期間を設定すると、それぞれの期間のグラフが重なって表示され、改善状況がひと目でわかるようになった。

ろじたんは、倉庫内作業の時間分析ができるツールで、これまでもグラフやタイムチャートの生成は可能だったが、そのためには提供する分析ツールやExcelファイルなどの集計ツールを介することを必要としていた。

(画像:日通総合研究所)

この記事のその他のテーマ