ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

全ト協、車輪脱落事故防止対策強化を通達

2016年11月11日 (金)

ロジスティクス全日本トラック協会は10日、国土交通省から要請を受け、都道府県トラック協会に大型自動車ホイール・ボルト折損による車輪脱落事故の防止対策を強化するよう通達したと発表した。

国交省は、昨年の11月からことし3月の冬期に24件と多発しており、積雪地域での発生が高い傾向にあることから、大型自動車の適正な車輪脱着作業を徹底するよう全ト協に通達した。

大型自動車ホイール・ボルト折損による車輪脱落事故は、2015年度の発生件数が41件となっており、今年度は前年に比べ4件減少しているものの、依然として高い水準で発生している。

この記事のその他のテーマ