ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

GLP、神戸ロジパーク内のマルチ型物流施設起工

2016年11月15日 (火)
GLP、神戸ロジパーク内のマルチ型物流施設起工
空白

拠点・施設グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は15日、神戸市西区の「神戸テクノ・ロジスティックパーク」内でマルチテナント型の物流施設「GLP神戸西II」の起工式を行ったと発表した。

GLP神戸西IIは地上4階建て、延床面積7万1000平方メートルの先進的物流施設で、神戸市内へのアクセスが30分とエリア配送に適した立地となっている。山陽自動車道「神戸西IC」至近で、中国・四国地方を網羅する広域配送向け物流拠点としても活用が可能。また、近隣に10か所以上の住宅団地があり労働力を確保しやすい。

1階、3階に高床バースを設置し、1・2階と3・4階の2層使いを想定して設計。通常各階1.5トンとしている積載荷重を、3・4階はテナント企業の要望を反映し、合計3トンを配分できるようにした。入居テナントの物流オペレーションによってレイアウトを柔軟に設定できる仕組みを採用している。

GLP、神戸ロジパーク内のマルチ型物流施設起工4

これにより、将来の物流システム自動化に備え、自動ラック設置に伴う重荷重の対応や、コンベヤなどの搬送設備の吊荷重にも柔軟に対応できるようになっている。また、冷凍冷蔵向けの床加工を一部に行うほか食品コンテナ、パレットなどの洗浄に対応できるよう排水、排気にも対応する。

起工式には、設計・施工を担当するJFEシビル代表取締役社長の藤井善英氏やGLP代表取締役社長の帖佐義之らが参列し、安全を祈願した。

■ 施設概要
施設名:GLP神戸西II
所在地:兵庫県神戸市西区見津が丘
敷地面積:3万4000平方メートル
延床面積:7万1000平方メートル
構造:鉄骨造
着工:2016年11月
竣工:2018年1月

この記事のその他のテーマ