ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

横浜冷凍、吉川会長ら9人でノルウェー大使館訪問

2016年11月15日 (火)

拠点・施設横浜冷凍、吉川会長ら9人でノルウェー大使館訪問横浜冷凍は15日、連結子会社のアライアンスシーフーズが駐日ノルウェー大使館から招待を受け、吉川俊雄会長、岩渕文雄常務取締役ら9人で訪問し、意見交換を行ったと発表した。

意見交換会ではグンバル・ヴィエ参事官兼ノルウェー水産物審議会ディレクターからノルウェー水産物審議会の日本での活動説明があり、ノルウェー産水産物を日本市場へさらに「積極的な販促活動を行って欲しい」との依頼を受けた。

アライアンスシーフーズは2015年8月に、ノルウェーの大手水産加工・販売会社ホフセス・インターナショナル(HI)と包括業務提携を締結した後、16年3月にはHI社の水産加工場を保有する子会社シブデ・エインドムの全株式を取得、また7月にはHI社と共同で同国の有力トラウト養殖事業会社フィヨルドラックス・アクアの全株式を取得した。

今回、同社グループがノルウェーで水産業の発展に関わる事業活動を積極的に行っていることが評価され、招待を受けることとなった。

この記事のその他のテーマ