ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

GLP、千葉県流山市で延べ9万m2のマルチ型物流施設

2016年11月16日 (水)
GLP、千葉県流山市で延べ9万m2のマルチ型物流施設起工
空白

拠点・施設グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は16日、千葉県流山市でマルチテナント型物流施設「GLP流山II」の起工式を同日行ったと発表した。

GLP流山は3棟から成る総延床面積約32万平方メートル、投資総額590億円のGLP最大のプロジェクトで、9月に「GLP流山I」を着工し、「GLP流山III」は2017年秋ごろに着工する。

GLP流山IIは地上4階建て、延床面積約9万6000平方メートルでプレキャストコンクリート造・免震構造の物流施設。都心から25キロ、常磐自動車道「流山」インターチェンジ(IC)から0.5キロとアクセスに優れ、東武野田線初石駅からも1.8キロと近い。

ダブルランプウェイで、4階には低床バースを備えるとともにメザニン対応も可能としている。加えて物流業務効率化を図るための付加価値サービスとしてGLP流山IとGLP流山IIの2施設に入居する企業が共通して利用できる「共同荷受システム」を導入。入居企業の受付業務を軽減すると同時にドライバーの負担を大幅に減少させ、荷受作業全体の効率化を図る。

また、庫内で働く方向けにアメニティの充実を図っており、カフェテリア、シャワー室、コインランドリーなどを整備し、働きやすいよう配慮する。GLP流山Iと共同のバス運行や給油所、洗車場の設置も行う。

起工式には、設計・施工を担当する奥村組の奥村太加典社長やGLP代表取締役社長の帖佐義之社長らが参列し、安全を祈願した。

この記事のその他のテーマ