ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

スタートトゥデイと住商グローバル・ロジが入居

住友商事、習志野で単独開発の物流施設満床稼働

2016年11月21日 (月)

拠点・施設住友商事、習志野で単独開発の物流施設満床稼働住友商事は21日、同社が開発する物流施設ブランド「SOSiLA」(ソシラ)を冠した初の単独開発案件「SOSiLA習志野茜浜III」が9月末に竣工し、テナントに住商グローバル・ロジスティクスとスタートトゥデイを迎え、満床稼働したと発表した。

通販・アパレルなどの流通加工業務向けにLED照明を採用し、床面平均照度300ルクスを確保したほか、両面開口型の荷物用エレベーター・垂直搬送機を実装。1階からすべての倉庫区画に直接荷物を搬出入できるよう配慮したほか、全館空調対応の受変電設備・空配管を実装し、入居企業ごとに異なる施設ニーズへ対応する。

BCP対策として、停電時72時間対応の非常用発電機を実装し、断水時に備えたマンホールトイレを完備した。エントランスやトイレ、休憩スペースの拡充を図り、解放感や高級感を演出した。

このほか「SOSiLA横浜港北」の新築工事に着手し、相模原市中央区で「SOSiLA相模原」(仮称、延床面積5万6000平方メートル)の開発用地を取得しており、同社の物流施設資産規模は1000億円を超えた。

SOSiLA横浜港北は同社初のランプウェイ型物流施設として、1-3階フロアにランプウェイ、中央車路を通じて直接トラックが接車し荷物の積み下ろしが可能な4階建ての計画としており、周辺環境に配慮しながら多頻度配送に対応可能な接車台数を確保。

特別高圧受電や停電時48時間対応の非常用発電機を実装するほか、屋上緑化や太陽光発電設備、全館LED照明を導入するなど、BCPや地球環境に配慮した仕様を採用する。また、シャワー室を備えた大型の休憩室を設け、心地よく働ける環境づくりを進める。設計、施工は前田建設工業に委託し、2017年9月末の竣工・稼働開始とする計画。着工に合わせ、物流会社1社と賃貸借予約契約を締結した。

住商は今後、物流不動産をオフィスビル・商業施設・分譲マンションに次ぐ不動産事業「第4の柱」に位置付け、SOSiLAブランドで「多様なニーズに対応」「高い配送利便性」を売りにした最新物流施設の開発を拡大。今後は年間300億円規模で首都圏・関西圏を中心に物流施設開発を進め、「早期に資産規模2000億円を目指す」としている。

■SOSiLA相模原(仮称)の開発計画
所在地:相模原市中央区田名
最寄駅:JR相模線「上溝」駅(1.7キロ、徒歩23分)
敷地面積:2万8700平方メートル
延床面積:5万5900平方メートル
構造・階数:鉄骨造・4階建て
竣工時期:2018年春

この記事のその他のテーマ