ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

かもめや、陸・海・空で無人物資輸送機用いた実証実験

2016年11月28日 (月)
かもめや、陸・海・空で無人物資輸送機用いた実証実験2
空白

サービス・商品かもめや(香川県高松市)は28日、「陸」「海」「空」で無人物資輸送機を組み合わせた、島国型無人物流プラットフォーム「KAZAMIDORI」(カザミドリ)の実証実験を来春から行うと発表した。

併せて、離島に住む患者への遠隔医療・医薬品定期配送を目的とした、遠隔医療プラットフォーム「Kamome Medical」(カモメ・メディカル)の実証実験も段階的に開始する。

この取り組みは少子高齢化による離島や僻地への物資輸送網の脆弱化に伴う買物・医療難民の解消を目的としたもので、日本初の取り組みとなる。

香川県高松市沖の離島で、本土-離島間は無人航空機または無人輸送船を使用し、離島の港からそれぞれの家庭までは無人輸送車を用いて、発送元から配達先までをつなぐ無人物流実験を行う。移動体・物流管理には自社開発の統合管理システム「『KAZAMIDORI』 Integrated UTM」を活用する。

各地で進められている無人航空機のドローンのみを用いた物流システムの取り組みとは異なり、人口密集地や狭小地、離島などの物資輸送を複数の物流手段を組み合わせることで、日本などの狭い国土に最適な「島国型」プラットフォームの実現を目指す。

かもめや、陸・海・空で無人物資輸送機用いた実証実験3

この記事のその他のテーマ