ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤマト・プラネット、中国で越境EC基盤整備へ

2016年11月29日 (火)

ECヤマトホールディングスは29日、上港集団物流、シノジャパン、プラネット――の3社と、中国で貿易・物流・情報・決済・販路拡大まで一貫して提供する越境流通プラットフォーム事業を行う合弁会社を設立すると発表した。

日本での物流はヤマトグループ、中国での物流、保税倉庫運営は上港集団物流が行い、中国の小売事業者・ECサイト出店事業者と日本のメーカー、卸売業を結ぶ、受発注・在庫・販売実績の越境EDIシステムの構築・運営・管理をプラネットと合弁会社が行う。

日中間の貿易、中国の販路拡大はシノジャパンと合弁会社が行い、合弁会社と4社が保有するネットワークを組み合わせることで、日用品・化粧品・衛生用品など日本のメーカー、卸売業と、中国の小売事業者・ECモール出店事業者を結びつけ、貿易から販路拡大まで一貫して提供する。

これにより、日本の大手メーカーだけでなく、中小メーカーの製品も卸売業を通して中国での販売を拡大させることができるようになる。合弁会社だけで中国市場の進出に必要な業務のトータルサポートを提供することができるため、スムーズな進出が可能となる。また、日本型の消費財流通を行うため、安定して継続的な中国向けの製品販売が行なえる。

■合弁会社概要
社名:上海上港エイ東商貿(シャンハイジョウコウエイトウショウボウ)
所在地:中国上海市
出資比率:上港集団物流30%(900万人民元)、シノジャパン30%(900万人民元)、プラネット20%(600万人民元)、ヤマトホールディングス20%(600万人民元)
設立日:12月中
事業内容:国際貿易・物流、倉庫サービス・ネットワーク技術、物流情報技術の提供ほか

この記事のその他のテーマ