ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

住化、シンガポールでSCMのIoTプロジェクト

2016年11月29日 (火)

荷主住友化学は29日、シンガポール経済開発庁(EDB)の支援を受け、シンガポールでプラント関連業務のデジタル化、グローバルサプライチェーン情報の可視化・高度化、クラウドソーシングや最新テクノロジーの積極活用など、新たにIoTプロジェクトを開始すると発表した。

製造部門では、プラント内のセンサーを活用した情報分析による機器の予測保全、現場作業員へのスマートデバイス導入などを進め、業務の効率化・標準化や稼働率の向上、エネルギー効率の最適化を図る。

バリューチェーン全体の情報を活用できるデジタルプラットフォームの構築により、グループとしてのサプライチェーン管理のリアルタイム化、データ分析機能を強化するとともに、人工知能(AI)、ロボティクスなどを積極的に活用したバックオフィス業務の環境整備を行う。

この記事のその他のテーマ