ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

GLP、児童養護施設の子供たちへボランティア活動

2016年11月29日 (火)
GLP、児童養護施設の子供たちへボランティア活動
空白

環境・CSRグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は29日、特定非営利活動法人ハンズオン東京(東京都港区)を通じて児童養護施設で暮らす子供たちとのスポーツ交流会を実施したと発表した。

GLPは、ハンズオン東京を通じ3月に児童養護施設の小中学生を対象とした「GLP三郷III」内での就業体験を行っており、今回は第二弾としてGLP社員との交流をさらに深めるため、26日に同施設の小中学生10人と社員8人、スタッフなど合計27人が参加し、バブルサッカー大会を開催した。

ボランティアのGLP社員は、バブルの空気入れなどの準備から参加し、子供たちとともにチームを作ってゲームを実施。その後全員で昼食会を開いた。参加した小中学生からは、「初めてバブルサッカーをしたが、とても楽しかった」「またバブルサッカーをやりたい」などの感想が寄せられた。

また、当日参加できない社員もこの活動をサポートできるよう、定期的な社内イベントの参加費をCSR活動費用の一部とする仕組みを構築し、今回のバブルサッカー大会から適用した。

この記事のその他のテーマ