ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

北海道、九州で先行展開

食品メーカー4社、物流子会社統合視野に合弁設立

2016年12月1日 (木)

フード味の素、カゴメ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社の食品メーカー4社は1日、北海道と九州で物流合弁会社を設立すると発表した。2017年3月に北海道で、4月に九州で合弁会社を立ち上げ、九州では18年に共同物流体制の構築を目指す。また19年には各社の物流子会社の統合を視野に入れ、全国展開の検討を始める。

この動きは、食品メーカー4社と日清オイリオグループ、Mizkan(ミツカン)が15年2月に「効率的で安定的な物流体制の実現」を目指して食品企業物流プラットフォーム(F-LINE)の構築に合意したのがきっかけ。

この取り組みのなかで参加メーカーは協議体「F-LINEプロジェクト」で物流戦略を策定し、これまでに関東・関西間の中距離幹線輸送再構築(16年3月)や北海道エリアの共同配送(16年4月)の取り組みを進めてきた。

物流分野の協業機運が盛り上がるなか、メーカー4社は各社の物流企画立案機能を統合し、ドライバー不足や物流コストの上昇など食品物流が直面する課題に素早く対応し、トラックドライバーや物流センターなど「物流資産」を共有することで物流体制の効率化を目指そうと、F-LINEプロジェクトが策定する物流戦略を実現する合弁会社の発足に合意した。

4社は17年3月に味の素物流100%子会社の北海道エース物流の全株式を均等に取得し、F-LINEに商号を変更。F-LINEは17年4月に味の素物流100%子会社の九州エース物流の全株式を取得し、九州F-LINEとして、18年の九州エリアでの共同物流体制の構築を目指す。

食品メーカー4社

今後、食品メーカー4社は2019年の物流子会社の統合も視野に入れた全国展開の検討を開始するとともに、F-LINEプロジェクト参加メーカー6社で連携する

■F-LINEの概要
所在地:北海道北広島市大曲工業団地六丁目3番9号
設立:2017年3月1日
代表者:深山隆氏(代表取締役社長)
事業内容:貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、倉庫荷役事業、倉庫事業など
従業員数:70人
資本金:9800万円
出資比率:味の素25%、カゴメ25%、日清フーズ25%、ハウス食品グループ本社25%

■九州F-LINEの概要
所在地:福岡県粕屋町大字江辻297番1号
設立:2017年4月3日
代表者:深山隆氏(代表取締役社長)
事業内容:貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、倉庫荷役事業、倉庫事業など
従業員数:270人
資本金:6000万円
出資比率:F-LINE100%

この記事のその他のテーマ