ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アマゾン、川崎物流拠点に「ロボティクス」を国内初導入

2016年12月6日 (火)

ECアマゾン、川崎市の物流拠点に「ロボティクス」を国内初導入アマゾンジャパンは6日から12日まで開催する「1週間のビッグセールサイバーマンデーウィーク2016」の初日に、国内で13か所目の新物流拠点「アマゾン川崎フルフィルメントセンター」(川崎市川崎区)で、国内初導入となる「アマゾンロボティクス」を公開した。

アマゾンロボティクスは、可動式の商品棚とその商品棚を動かすドライブで構成する物流システムで、入荷商品の棚入れ、注文商品の棚出し工程を担う。自動的に従業員の元へ棚を搬送することで、商品入荷から出荷までの工程処理時間の短縮と効率化が可能。

重量が145キロのドライブ部分には340キロの商品を積載することが可能で、移動速度は毎秒1.7メートルとなっている。

同社は2012年から日本で「サイバーマンデー」に合わせた1週間のセールを開催しており、その規模は毎年拡大。プライム会員数も増加し、サイバーマンデーウィークを皮切りとするホリデーシーズンの買い物需要が年々、高まっていることから、こうしたニーズを背景に国内で初めて川崎FCへ、最新物流システムを導入した。

この記事のその他のテーマ