ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

整備・運行管理者まったく存在せず

関東運輸局、八洲運送(東京)に事業停止命令

2016年12月6日 (火)

行政・団体関東運輸局は6日、東京都江東区の運送会社「八洲運送」に60日間の事業停止と延べ100日間の車両使用停止を命じた。

トラック協会から「整備管理者、運行管理者が全く存在していないと疑われる営業所があった」との速報を受け、2015年6月10日に八洲運送の本社を監査。

この結果、整備管理者と運行管理者の選任違反など合わせて10件にのぼる貨物自動車運送事業法・関係法令違反を確認し、行政処分基準に沿って6日付で事業停止と車両停止処分を実施した。

■八洲運送の違反項目
(1)整備管理者の選任違反
(2)運行管理者の選任違反
(3)健康状態の把握違反
(4)点呼の実施違反
(5)乗務などの記録違反
(6)運転者に対する指導、監督違反
(7)点検整備違反
(8)事業計画変更認可違反
(9)事業計画変更の事後届出違反
(10)報告義務違反

この記事のその他のテーマ