ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

1月末まで内覧会申し込み受付中

延床17万m2のESR物流施設、大阪・藤井寺で3月竣工

2016年12月13日 (火)
延床17万m2のESR物流施設、大阪・藤井寺で3月末竣工
空白

拠点・施設ESR(東京都港区)は13日、大阪府藤井寺市で開発中の物流施設「レッドウッド藤井寺ディストリビューションセンター」が計画通り2017年3月31日に竣工するとの見通しを発表した。

11月30日に竣工した「レッドウッド南港ディストリビューションセンター1」に次ぐ、同社としては大阪圏2番目の施設で、物件単体では自社最大規模の敷地面積8万2719平方メートル、延床面積17万7559平方メートルを擁する。

延床17万m2のESR物流施設、大阪・藤井寺で3月末竣工5

大阪内陸部に位置し、西名阪自動車道沿い、阪神高速・近畿自動車道・阪和自動車道をつなぐ松原JCTに近く、最寄りインターチェンジから1.5-2.5キロ圏内と、2府4県へのアクセスに優れる。関西一円のハブとして好条件が整った立地といえよう。

同社が提案する「HUMAN CENTRIC DESIGN.」(人にフォーカスした設計)を念頭に開発が進む同施設では、1階に緑あふれた遊び場を備える180平方メートルの託児所、5階にはラウンジ、ショップを完備する。アメニティエリアは南港ディストリビューションセンター1と同じく、一級建築士事務所タカトタマガミデザインが設計した。

延床17万m2のESR物流施設、大阪・藤井寺で3月末竣工2

4-5階は荷物用エレベーター12基を装備し、多層階オペレーションが可能で、クロスドック物流への適応や冷蔵冷凍設備の増設に対応する。危険品庫(第4類)も設けた。

近隣には住宅街が広がっていることから従業員を確保しやすく、「モチベーション向上に貢献できると、自信をもって提案できる施設」(同社)に仕上がる見込み。

延床17万m2のESR物流施設、大阪・藤井寺で3月末竣工3

建築環境総合評価システム(CASBEE)Aランクの基準を満たしており、太陽光発電システム、LED照明(共用部・倉庫すべて)、雨水貯水槽や節水システムの導入、充実した緑化設計、再生材の活用、建築資材の使用量削減など、再生可能エネルギーの積極利用と環境負荷の低減に取り組む。

同社は竣工に先立つ17年2月8、9の両日、1日に3回の内覧会開催を決定。開催時間はそれぞれ10時、13時、15時で、1月31日までメール・電話による申し込みを受け付ける。(申込先は文末)

延床17万m2のESR物流施設、大阪・藤井寺で3月末竣工6

■レッドウッド藤井寺ディストリビューションセンターの施設概要
所在地:大阪府藤井寺市津堂4-435
敷地面積:8万2719平方メートル(2万5020坪)
延床面積:17万7559平方メートル(5万3711坪)
賃貸面積:15万6229平方メートル(4万7259坪)
用途地域:準工業地域
構造:地上5階建て
最小賃貸区画:1500坪
竣工日:2017年3月31日
アクセス:阪神高速「大堀IC」から1.5キロ、西名阪自動車道「藤井寺IC」から2.5キロ、近畿自動車道「⻑原IC」から2.5キロ、阪和自動車道「松原IC」(電車)から2.5キロ、谷町線「⻑原駅」から2キロ、大阪中心部から13キロ、関西国際空港から40キロ、大阪港から25キロ
設計:大成建設(アメニティKLÜBBエリア)一級建築士事務所タカトタマガミデザイン
施工:大成建設

■内覧会申込先
ESR(担当:井上氏・近藤氏)
TEL:03-4578-7121
メール:lease@jp.esr.com
※会社名・参加者氏名・参加人数・参加希望日時・当日連絡先・車利用の有無を明記

延床17万m2のESR物流施設、大阪・藤井寺で3月末竣工4

この記事のその他のテーマ