ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

米国、すべての小型車両に車々間通信の搭載検討

2016年12月14日 (水)

国際米国運輸省は13日、車道上の衝突事故を減らすためすべての小型車両に車々間(V2V)通信技術の搭載する方針を発表した。

車々間通信は、専用の狭域通信を使って近くの車両に位置・方向・速度などのデータを毎秒10回程度送信し続け、その情報を使用して「差し迫った衝突危機を回避」するためにドライバーに特定されたリスク情報を提供・警告する。

同省は車々間通信と車路間(V2I)によって、8割程度の衝突事故を軽減することができると見ており、今後90日間にわたって意見を受け付けた後、実施を検討する。

この記事のその他のテーマ