ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

GLP、小牧にBCP対策強化した物流施設を建設

2016年12月14日 (水)
GLP、小牧にBCP対策強化した物流施設を建設
空白

国内グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は14日、愛知県小牧市でマルチテナント型の先進的物流施設「GLP小牧II」の起工式を行ったと発表した。

GLP小牧IIは地上4階建て、延床面積3万6000平方メートルの賃貸物流施設で、中部の物流集積地となっている小牧市の名神高速道路、東名高速道路小牧ICから2キロに立地。さまざまな業種で名古屋近郊の市内配送や中部地域全体の広域配送の拠点として活用することができる。周辺地域は同市を含め名古屋市のベッドタウンが複数あることから、労働力を確保しやすい環境。

同社の帖佐義之社長は起工式で「GLP小牧IIは、中部地域の物流の一大集積地という立地の良さに加え、さまざまな業種の物流ニーズに対応することができる全方位型の仕であること、またきめ細かいBCP対策が特徴といえる」と述べた。

GLP、小牧にBCP対策強化した物流施設を建設2BCP対策については、南海トラフ巨大地震の影響が心配される東海エリアにあって「影響の少ないエリア」と想定される立地を選定。強固な地盤を選ぶとともに、施設内に加速度センサーを設置して「地震後の荷物や施設の被災度を早期に判定できる建物安全性確認システム」を導入するという。

■GLP小牧IIの概要
所在地:愛知県小牧市
敷地面積:1万7000平方メートル
延床面積:3万6000平方メートル
着工:2016年12月
竣工:2018年1月

この記事のその他のテーマ