ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

JILS、次世代物流システム補助金の3次公募開始

2016年12月26日 (月)

行政・団体日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は22日、「2016年度次世代物流システム構築事業費補助金」補助事業者を選定する公募を開始したと発表した。

この公募は、経済産業省から同補助金の執行団体として採択されたことを受けて実施するもの。3次募集となる今回は、22日から2017年1月12日まで応募を受け付ける。

補助金の交付は(1)新たな物流体系の構築に寄与する(2)省エネルギー効果、二酸化炭素排出量削減効果が見込まれる(3)荷主企業がほかの事業者・団体などと連携する――のいずれかに該当する取り組みが対象で、IoTや人工知能技術の活用により、トラック輸送の積載率向上を図る取り組みなどを想定している。

補助率は補助対象経費の半分以内で、上限額は1590万円(税別)。

■詳細
http://www.logistics.or.jp/jils_news/2016/12/3.html

この記事のその他のテーマ