ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

GLPが国内最大20万坪の物流施設開発、相模原市で

2016年12月27日 (火)
GLPが国内最大20万坪の物流施設開発、相模原市で
空白

話題グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は27日、相模原市で敷地面積29万5000平方メートル(8万9393坪)に及ぶ物流施設用地を取得し、総工費1330億円を投じて6棟の総延床面積が国内最大となる65万5000平方メートル(19万8484坪)の物流施設群を開発すると発表した。

6棟の内訳はマルチテナント型施設4棟、BTS型施設2棟で、「GLP相模原プロジェクト」(仮称)と名付けた巨大開発案件として2020年以降に着工、22年から段階的に竣工する計画だという。

GLPの帖佐義之社長は「今回の用地取得は、物流事業のプライムエリアと言える立地にこれほどの広大な規模の用地という希少性、人材雇用の優位性、この地域の物流に対する需要の高さなどを鑑み、決定した。企業の配送スピードや精度などの質に対する要求は高まっており、この立地と規模を活かし、さまざまな取り組みを行うことにより、GLP流山プロジェクトを上回る大規模で最適な物流ソリューションを提供していく」と話す。

現地は神奈川県内陸部と多摩地域の人口集積地に近く、国道16号線、国道129号線へ接続しやすい立地が特徴。圏央道相模原・愛川IC、相模原ICを利用することも可能で、東名高速道路・中央自動車道を経て首都圏と中部・関西圏を結ぶ。

周辺地域では今後、小田急多摩線唐木田駅からJR横浜線、相模線方面への延伸、東京、名古屋、大阪をつなぐリニア中央新幹線の導入が計画されていることから、同社は周辺人口の増加や企業の事業機会の創出を見込んでいる。

この記事のその他のテーマ