ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

セブンに続きファミマ、ローソンと協業開始

ユニクロ、全国4.3万店舗へコンビニ受取り拡大

2017年1月6日 (金)

ロジスティクスファーストリテイリングは6日、ファミリーマート、ローソンと協業し、ユニクロ商品を24時間、コンビニエンスストアで受け取ることができるサービスを今春から開始する、と発表した

すでに実施しているセブン-イレブン店舗で受け取るサービスと合わせて、全国4万3000店舗のコンビニエンスストアでユニクロ商品を受け取ることが可能になる。

「コンビ二受取りサービス」は、ユニクロのオンラインストアで購入した商品を、自宅や職場の近く、出張先など24時間、顧客がアクセスしやすいコンビニエンスストアで受け取るサービス。

「日ごろ多忙でユニクロ店舗に行くことができない」「オンラインストアで購入しても不在がちで自宅で商品を受け取ることが難しい」「出張先や旅行先で購入した服を直接受け取りたい」といったニーズに対応する。

この記事のその他のテーマ