ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ESR、千葉県芝山町のレッドウッド成田DCが竣工

2017年2月17日 (金)
ECR、千葉県芝山町のレッドウッド成田DCが竣工
空白

拠点・施設ESRは17日、千葉県芝山町に開発していた物流施設「レッドウッド成田ディストリビューションセンター」が2016年12月26日に竣工したと発表した。

この施設は、敷地面積1万2113平方メートル、延床面積2万3250平方メートルで地上4階建て、1階にトラックバースを配置し、2テナントまで入居が可能。

成田空港・第6ゲートまで車で5分で芝山鉄道「芝山千代田」駅からは徒歩3分と近く、芝山千代田駅から多方面に路線バスも出ているため、自動車・電車での通勤が容易な立地となっている。

ECR、千葉県芝山町のレッドウッド成田DCが竣工

加えて大栄JCTで東関東自動車道と圏央道が接続したことにより、都心のほか北関東・東北エリアへのアクセスも優れる。前面は幅員11メートルの道路を配備し、大型車のアクセスにも配慮した。

また、同社基本理念の「HUMAN CENTRIC DESIGN.」(人に優しいデザイン)に基づき、施設従業員の快適性を追求することに加え、空港との近隣性も重視したデザインを導入した。

「成田空港は日本の空の玄関口、そこから日本文化を発信」といった発想から、ドアや壁面などの垂直部分には杉や檜の木肌イメージや和紙の手触り感など、和テイストを内装に取り入れた。

ECR、千葉県芝山町のレッドウッド成田DCが竣工ECR、千葉県芝山町のレッドウッド成田DCが竣工

外壁は「レッドウッド」ブランドカラーである赤の面積を多くし、建物を際立たせるため四隅も赤にすることでメリハリを持たせ、遠くからも一目で同社のの施設と分かるよう施した。

建設環境総合評価システム(CASBEE)のAランク基準を満たしているほか、太陽光発電システム、倉庫内すべてをLED照明にすることで環境面に配慮ている。

■レッドウッド成田ディストリビューションセンター概要
ECR、千葉県芝山町のレッドウッド成田DCが竣工04所在地:千葉県芝山町香山新田33
敷地面積:1万2113平方メートル(3664坪)
延床面積:2万3250平方メートル(7033坪)
賃貸面積:2万1999平方メートル(6654坪)
用途地域:準工業・近隣商業・第一種住居地域
構造:地上4階建て
最小賃貸区画:2300坪
荷物用エレベーター:2基
垂直搬送機:2基
バース:12台
駐車場:普通自動車43台
竣工日:2016年12月26日
アクセス:成田空港第6ゲートから5キロ(車で5分)、新空港自動車道 「新空港IC」から2キロ(電車)芝山鉄道 「芝山千代田駅」から徒歩3分

この記事のその他のテーマ