ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

第27次海賊対処部隊、ソマリア沖・アデン湾へ出港

2017年3月14日 (火)
第27次海賊対処部隊、ソマリア沖・アデン湾へ出港
空白

ロジスティクス日本船主協会は13日、ソマリア沖・アデン湾での海賊対処のため、第27次派遣海賊対処行動水上部隊が11日に日本を発ったと発表した。

第27次隊は、第6護衛隊司令(近藤匡一等海佐)の指揮の下、護衛艦「てるづき」(橋本聖一艦長)が任務にあたる。乗組員210人と海上保安官8人で編成されており、現地に到着次第、先に派遣された第26次部隊の護衛艦「きりさめ」に替わり、護衛活動を開始する。

出港行事には、川崎汽船門野英二専務執行役員、商船三井小林正則執行役員ほか8人が出席し、派遣部隊の指揮官らに花束を贈呈するなど、新たにソマリア沖・アデン湾に赴く護衛艦の乗組員に感謝の意を表した。

この記事のその他のテーマ