ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ハンディで庫内物流改善する入出荷検品システム発売

2017年3月14日 (火)

サービス・商品経営合理化システムの設計・開発・販売・保守サービスを手がける三菱電機ビジネスシステムは14日、ハンディターミナルを利用して庫内物流の改善と入出荷検品業務の効率化を実現する、入出荷検品システム「検品の達人」を新開発し、提供を開始すると発表した。

「検品の達人」は、ハンディターミナルを利用した入出荷検品システムで、パート・アルバイトでも容易に操作できるインターフェースを採用し作業の標準化を実現。さらにバーコードによる検品で作業の正確性を提供する。

ロット管理やロケーション管理機能を搭載しており、ロット別に「製造日」「使用期限」「ロット番号」などの情報項目を用意。入庫予定・入庫実績データは、CSVファイルで上位システムと連携する。連携項目のマッピング機能を備えており、上位システムとの連携も容易に行うことができる。

「入荷・入庫検品システム」「出庫・出荷検品システム」「在庫管理システム」の3種類の機能別モジュールとなっており、庫内物流の管理ニーズに合わせた組み合わせの導入が可能となっている。

提供価格は入荷・入庫検品システムが50万円、出庫・出荷検品システム50万円、在庫管理システム150万円で、4月から発売する。

この記事のその他のテーマ