ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

横浜ゴム、愛知タイヤ工業の買収完了

2017年3月16日 (木)

M&A横浜ゴムは15日、愛知タイヤ工業の全株式を同日取得し、買収を完了したと発表した。

現在、横浜ゴムは中期経営計画「GD100」のフェーズ4(2015-17年)に取り組んでおり、タイヤ事業戦略の柱のひとつとして「生産財タイヤ事業の拡大に向けた戦略」を掲げ、15年10月には、米国ミシシッピ州のトラック・バス用タイヤ新工場を稼動、16年7月にはオフハイウエイタイヤの専業メーカーAlliance Tire Group(アライアンス・タイヤ・グループ)を買収し拡大を促進している。今回の愛知タイヤ工業の買収により、生産財タイヤ事業をより強化・拡大させる。

■愛知タイヤ工業概要
所在地:愛知県小牧市大字大草字年上坂5827-1
主要事業:産業車両用タイヤの製造販売(クッションタイヤ・ソリッドタイヤ)、工業用ゴム製品の製造販売・施工
生産拠点:春日井工場、小牧工場
設立年月:1942年7月
売上高:74億円(16年3月期)
営業利益:5.9億円(16年3月期)

この記事のその他のテーマ