ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

センコー、JX金属傘下の海運会社2社を子会社化

2017年3月16日 (木)

ロジスティクスJX金属は16日、同社子会社で内航・外航海運事業を行う日本マリンと内航運送業を担う栄吉海運の株式をセンコーに譲渡すると発表した。センコーは4月3日付で両社を子会社にする。

JX金属は、同社子会社日本マリンの株式のうちJX金属とPPCロジスティクスが保有する株式60%、JX金属子会社パンパシフィック・カッパーが保有する栄吉海運の株式60%をセンコーに譲渡することに合意した。

JX金属では、日本マリン・栄吉海運がPPCを含むJX金属グループの金属事業の海上輸送で主要な役割を担っており、センコーグループの持つ物流事業全般に関する豊富なノウハウや経営資源を活用することで、競争力の強化を図る。

一方、センコーは、両社がグループ入りすることで、船腹の増強や既存船舶を含めた装備品の集中購買でコスト削減するなど、海運事業の強化を行う。また、センコーの海陸一貫輸送ノウハウと両社の海運ノウハウを融合させ、新たな物流サービスを創出し、新規顧客の開拓をするなど、さらなる海運事業の拡大を見込むとしている。

なお、JX金属グループの主な海上輸送業務は継続して両社が行う。

この記事のその他のテーマ