ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

村田製作所、再配達削減へ新ソリューション

2017年4月19日 (水)

EC村田製作所は19日、M2M通信を構築するための無線通信技術やセンサなどさまざまなアプリケーションが集まる専門展「IoT/M2M展」に出展すると発表した。

IoT向け無線通信ネットワーク技術である「Low Power Wide Area」(LPWA)の中でも、いち早く日本での商用サービス提供を開始した「SIGFOX」向けに村田製作所が開発中のSIGFOXモジュールと「Bluetooth Low Energy」(BLE)モジュール、ソフトウェア技術を組合せたIoTソリューションを出展する。

SIGFOX・BLE機能を搭載した「ゲートウェイ」とBLE機能を搭載した「タグ」を組み合わせることで、広域に配置されたさまざまな「場所」の人、自動車、モノの「状況」をクラウドで管理し、「『どこの駐車場』に『誰の車』が入庫しているのか」「『どの荷台』に『何の荷物』が格納されているのか」に加え、宅配サービスの再配達問題解消に向けた「『どの家』に『誰が在宅』しているのか」などに活用できるソリューションとして提案。

ブースでは、開発パートナーであるマイクロテクノロジーのIoTクラウドプラットフォーム「CUMoNoSU」(クモノス)と連携したアプリケーションデモを行う。

■特設サイト
http://www.murata.com/ja-jp/campaign/events/japan/iotm2m