ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ソフトB、充電・追跡機能を搭載のラゲージ先行販売

2017年8月7日 (月)
空白

ECソフトバンクは7日、充電やトラッキング機能を搭載した日本初の国産スマートラゲージ「マックスパススマート」の先行予約販売を50個限定で開始した。

マックスパススマートは、出張などラゲージとともに移動する機会が多い利用者向けに、充電やトラッキング機能を搭載した国産スマートラゲージで、エース(東京都渋谷区)の日本製トラベルバッグブランド「プロテカ」の中でも人気のある「マックスパス」シリーズから、機内持ち込みが可能なサイズで最大容量モデルを採用した。

スマートフォンを2回充電可能なモバイルバッテリーを搭載し、充電しながら通話などの操作ができるよう最長100センチまで伸びるコードリール式のケーブルをラゲージに内蔵。Bluetoothトラッカー「TrackR」を搭載し、スマートフォンとの連携によって30メートル離れるとアラートが鳴る機能を備えている。

ラゲージを紛失した場合でもTrackRのクラウドGPS機能でほかのTrackRユーザーが近くを通るとデバイス同士が連携し、持ち主のスマートフォンに最新の位置情報を届ける。本体カラーを含め、使いやすさに配慮したスマートフォンの収納場所やケーブルの配置など、全体のデザインを「nendo」が監修した。

マックスパススマートは9月1日からプロテカ日比谷店とエースオンラインストアで、9月15日から全国の百貨店や専門店、エース直営店舗でも販売される。価格は7万1280円(税込)。