ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ニチレイフーズ、千葉県船橋市に新工場建設

2013年6月13日 (木)

フードニチレイは13日、グループのニチレイフーズが千葉県船橋市に新たに事業用地を取得し、調理冷凍食品工場を新設すると発表した。

家庭用冷凍食品を中心とした国内生産体制を強化するため、新工場設立を決めたもので、新技術を導入して商品力の強化を進めるとともに、ラインの機械化・省人化による生産性の向上を目指す。

冷凍設備の脱フロン化や全エリアLED照明など、環境に配慮した省エネルギー対応を推進するとともに、品質管理体制も強化していく。

新工場を中心とした生産拠点の最適配置を進め、効率的な生産・供給体制を構築していく。用地取得により、将来の成長路線を見据えた生産能力の拡大余地を確保する狙いもある。

■取得した用地、新工場の概要
所在地:千葉県船橋市高瀬町
敷地面積:3万3000平方メートル
工場名称:ニチレイフーズ船橋第二工場(仮称)
建物:鉄骨構造(延床面積5600平方メートル)
投資金額:55億円(土地代、工場建設費など)
生産能力:9000t/年
従業員数:250人
完工予定:2014年3月
生産品目:家庭用冷凍食品(お弁当用商品、おかず・惣菜商品など)

この記事のその他のテーマ