ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ニチレイ・ロジ関東、東扇島拠点に2期棟増設

2013年7月16日 (火)
2期棟の外観

2期棟の外観

フードニチレイロジグループ本社は12日、子会社のニチレイ・ロジスティクス関東が東扇島物流センター(川崎市川崎区)の既存棟の隣接地に2期棟を増設した、と発表した。

2期棟は4万787トンの設備能力を持ち、既存棟と合わせた全体の設備能力8万1220トンはグループで2番目、単体の冷蔵倉庫としてはグループ最大の拠点となる。

新棟には免震構造を採用し、建物は一体型の構造で内部は通り抜けが可能となっている。2期棟の稼動に伴い、既存棟はロジスティクス・ネットワーク、2期棟はニチレイ・ロジスティクス関東が運営し、保管・輸配送一体の運営を強化していく。

■東扇島物流センター2期棟の概要
所在地:川崎市川崎区東扇島6-15
冷蔵庫棟:プレストレストコンクリート免震構造、5階建
事務所棟:鉄骨耐震構造、2階建
設備能力:4万787トン(F級冷蔵庫3万1053トン、FC級冷蔵庫9734トン)、解凍室(280平方メートル)、凍結室(130平方メートル)、接車バース31基

 

この記事のその他のテーマ